読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ30からのボディケアが楽しくなくなったのか

暇人な主婦がかなりいい加減な毎日のこととか、美容&健康の事とかをなんなく書いてます。

今日もやることがないので若々しい素肌を作るケアの要点を調べてみました。

なんとなくサーチエンジンで集めていた情報ですが、「保湿の一番のポイントは角質層が潤うことです。保湿効果のある成分がいっぱい配合された化粧水で角質層の隅々まで水分を行き渡らせ、補給した水分量が飛んでしまわないように、乳液やクリームなどを使って油分のふたをして水分を閉じ込めましょう。」のように公表されているらしいです。

素人ですが、書物で調べた限りでは、「セラミドは肌の潤いに代表される保湿の効果のアップや、皮膚の水分が蒸発してしまうのを抑制したり、外部ストレスとか汚れや細菌の侵入を押さえたりする働きを持ちます。」と、いわれているみたいです。

私がサイトで集めていた情報ですが、「ヒアルロン酸の保水作用の件でも、セラミドが角質層において実用的に皮膚を保護するバリア能力を整えることができれば、肌の保水機能が向上することになり、更なる瑞々しく潤った肌を守ることができます。」のように考えられている模様です。

本日書物でみてみた情報では、「若さを保った健康な状態の肌にはたっぷりのセラミドが保有されており、肌も水分を豊富に含んでしっとりした状態です。ところが悲しいことに、歳とともにセラミドの含量はわずかずつ低下します。」のようにいう人が多い模様です。

本日サーチエンジンで探した限りですが、「体内のコラーゲンは弾力性の強い繊維状タンパク質の一種で細胞を結びつける役目を持ち、強力な保水能力で有名なヒアルロン酸はコラーゲン繊維の間に存在することにより、水分が足りなくなることを防止する役割をします。」だと解釈されているらしいです。

素人ですが、検索で調べた限りでは、「年齢を重ねるにつれて顔全体にシワやたるみが出現するのは、ないと困る大事な構成成分だと言われるヒアルロン酸の含量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが難しくなってしまうからと断言できます。」のように公表されているそうです。

それはそうと今日は「コラーゲンをたっぷり含んだタンパク質系の食品や食材をどんどん摂取し、その効能で、細胞間が密接につながり、水分を保つことが出来れば、若々しい弾力のある最高の美肌が作れるのではないでしょうか。」と、いわれているそうです。

私が検索で調べた限りでは、「保湿を狙った手入れを実行するのと一緒に美白のための肌のお手入れも実践してみると、乾燥したことによって生じる多々ある肌のトラブルの悪循環を解消し、とても有益に美白スキンケアが実行できるということになるのです。」と、公表されている模様です。

むしろ今日は「体内のヒアルロン酸の量は乳幼児の時に最も多く、30代から急激に減るようになり、40歳代では赤ちゃんの頃と比較すると、5割ほどにまで落ちてしまい、60歳を過ぎると相当減少してしまいます。」のように結論されていらしいです。

私が色々調べた限りでは、「保湿で肌全体を健全化することにより、紫外線の吸収をできるだけ制御し、乾燥が原因で起こる多様な肌のトラブルや、更にはニキビが治った跡が色素沈着を起こしてシミになる状況を予め防御することも可能になるのです。」だと提言されているそうです。