読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ30からのボディケアが楽しくなくなったのか

暇人な主婦がかなりいい加減な毎日のこととか、美容&健康の事とかをなんなく書いてます。

突然ですがきれいな肌を保つ方法の要点を書いてみる。

本日サイトで探した限りですが、「保湿の大事なポイントは角質層に適度に水分が保持されていることです。保湿成分が潤沢に添加された化粧水で角質層を奥深くまでうるおし、補給した水分量が飛んでしまわないように、乳液やクリームなどを用いて脂分によるふたをしてあげるのです。」と、いわれている模様です。

私が文献で探した限りですが、「老化前の健康な状態の肌には十分な量のセラミドがあるため、肌も水分たっぷりでしっとりやわらかです。けれども悲しいことに、加齢と共にセラミドの含有量は少しずつ減っていきます。」のように公表されているみたいです。

そうかと思うと、私は「アトピーで乾燥した肌の改善に使われることもある高い安全性を持つ保湿成分セラミド。このセラミドが含有された低刺激性の化粧水は保湿する効果が高く、肌荒れの元となる要因から肌をしっかりと守る重要な働きを補強してくれます。」と、いわれているらしいです。

素人ですが、サーチエンジンでみてみた情報では、「ヒアルロン酸の保水する作用に対しても、セラミドが角質層において首尾よく肌を保護するバリア能力を援助できたなら、皮膚の保水機能が向上し、更なる瑞々しく潤いに満ちた肌を保ち続けることができるのです。」だといわれているそうです。

私が文献で探した限りですが、「注目の保湿成分セラミドは、肌の新陳代謝のプロセスの中で作り出される“細胞間脂質”であり、およそ3%の水分を抱き込み、角質の細胞同士をセメントのようにつなぎ合わせる役目があるのです。」と、いわれていると、思います。

素人ですが、サーチエンジンで集めていた情報ですが、「皮膚の一番外側にある表皮には、ケラチンという硬タンパク質の一種を主体とした角質層と呼ばれる膜が覆うように存在します。この角質層内の細胞間にできた隙間を満たしているのが話題の「セラミド」と呼ばれる細胞間脂質の一つです。」な、いう人が多いらしいです。

素人ですが、書物で探した限りですが、「美白化粧品は乾燥肌には向かないと思われがちですが、今では、保湿作用のある美白スキンケアも販売されていますので、乾燥を危惧されている人は気楽な感じで試す意義はあるだろうと感じています。」と、いわれているようです。

それじゃあ私は「 現在は各メーカーやブランド別にトライアルセットがほとんど作られていますから、気になった商品はとりあえずはトライアルセットを注文して使いやすさを十分に確認するとの手法を使うことをおすすめします。」のように考えられているとの事です。

本日ネットで探した限りですが、「効果的と言われる高機能成分セラミドは、ターンオーバーのプロセスの中で作り出される“細胞間脂質”のことで、水分を約3%程度取り込み、角質細胞をまるで接着剤のように固定させる役目を持っているのです。」のように提言されているとの事です。

さて、私は「化粧水を使用する時に「手でつける」方がいいというグループと「コットンでなじませる」派に二分されますが、実際には各化粧品メーカーが積極的に推奨している最適な方法で用いることをとりあえずはお勧めします。」のように考えられている模様です。