読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ30からのボディケアが楽しくなくなったのか

暇人な主婦がかなりいい加減な毎日のこととか、美容&健康の事とかをなんなく書いてます。

相も変わらず若々しい素肌ケアの事をまとめてみました。

本日文献で集めていた情報ですが、「皮膚表面にある表皮には、強靭で丈夫なタンパク質からできた角質層と呼ばれる部分で覆われている層が存在します。この角質層を構成している角質細胞の隙間を埋めているのが「セラミド」と呼ばれている細胞間脂質の一つです。」な、解釈されているとの事です。

私は、「化粧水を顔に使う際に、100回程度手で軽くパッティングするという話がありますが、このやり方はやめた方が無難です。敏感肌の方は特に毛細血管を痛め俗に「赤ら顔」と言われる症状の要因になることもあります。」のように公表されているようです。

なんとなく文献でみてみた情報では、「洗顔料で顔を洗った後は時間をおくと化粧水の肌へのしみこみ方は減ることになります。また洗顔料で顔の汚れを落とした後が一番乾燥が進んだ状態になるので、なるべく急いで保湿成分の入ったエモリエント効果のある化粧水を塗らないと乾燥が加速してしまいます。」だと結論されていそうです。

それはそうと最近は。セラミドは皮膚の表層にある角質層の機能の維持に必須となる物質なので、加齢により老化した肌やアトピー性皮膚炎の肌にはセラミドの追加はどうしても欠かしたくない対策法だと断言します。」のように考えられているようです。

本日色々みてみた情報では、「セラミドの含まれたサプリメントや健康食品・食材を欠かさずに体内に取り込むことによって、肌の水分を抱き込む能力が更にパワーアップすることになり、細胞を支えているコラーゲンを安定な状態に導く成果に繋げることも望めるのです。」のように結論されていらしいです。

なんとなく書物で集めていた情報ですが、「専門家の人の言葉として「化粧水は少しずつ使うものではない」「浴びるようなイメージで使って潤いを与えたい」という表現を聞きますね。その通り化粧水をつける量は十分とは言えない量よりたっぷりの方が肌のためにもいいです。」と、考えられているそうです。

今日文献で調べた限りでは、「「無添加と謳われている化粧水を使用しているから全く問題ない」などと油断している方、その化粧水は真に無添加ですか?本当のことを言うと、1つの添加物を入れないだけでも「無添加」ということにして咎められることはないのです。」な、提言されているようです。

ちなみに今日は「若々しく健康な美肌をキープしたいなら、多種多様のビタミン類を摂取することが重要となるのですが、実はそれに加えて皮膚の組織同士を結びつける大事な役目を持つコラーゲンを生成するためにも欠かすことのできないものです。」な、考えられているそうです。

たとえば私は「セラミドとは人の皮膚表面において周りからのストレスを食い止める防護壁的な役割を果たしていて、角質層のバリア機能という重要な働きをする皮膚の角質層に含まれる大切な物質であることは間違いありません。」だといわれているみたいです。

今日サーチエンジンでみてみた情報では、「しばしば「化粧水を少しだけつけても効果はない」「豪快にたっぷりと使用するといい」と言われているようですね。試してみると実感できることですが潤いをキープするための化粧水の量は控え目よりたっぷり目の方がいいと思われます。」のようにいう人が多いそうです。