読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ30からのボディケアが楽しくなくなったのか

暇人な主婦がかなりいい加減な毎日のこととか、美容&健康の事とかをなんなく書いてます。

私が知ってるハリのある素肌ケアの事を綴ってみる。

今日サイトで集めていた情報ですが、「お肌の組織の約70%がコラーゲンから成り立ち、細胞間にできる隙間を埋めるような状態で繊維状に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワのない綺麗な肌を守り続ける真皮層を形成するメインとなる成分です。」な、いう人が多いらしいです。

一方、若さを保った健やかな状態の肌にはセラミドがたっぷりあるため、肌も水分たっぷりできめ細かくしっとりしています。しかしいかんせん、年齢を重ねることで角質層のセラミド量は徐々に減退してきます。」な、解釈されているらしいです。

私がサーチエンジンで調べた限りでは、「美容液を使用しなくても、瑞々しくて美しい肌を持ち続けることが可能なら、それはそれで問題ないと思いますが、「物足りなくて不安な気がする」などと感じる場合は、年代には関係なく積極的に取り入れていいのではないかと思います。」と、いわれているようです。

素人ですが、ネットで探した限りですが、「よく聞くコラーゲンという物質は、アンチエイジングと健康を持続するために必須となる大切な成分です。健康に生きていくうえで身体にとっても重要な栄養素であるコラーゲンは、細胞の代謝が悪化すると外部から補給しなければなりません。」だといわれているそうです。

だったら、きめ細かい保湿して肌そのものを正常に整えることで、紫外線の吸収を制御し、乾燥から起こる色々な肌問題や、更にはニキビが治った跡が薄茶色の色素沈着を誘発するのを未然防止する役割を果たしてくれます。」と、解釈されているとの事です。

そうかと思うと、私は「「無添加と書かれている化粧水を意識して選んでいるので恐らく大丈夫」なんて考えている方、その化粧水は間違いなく無添加かどうか確認しましたか?一般にはあまり知られていませんが、1つの添加物を除いただけでも「無添加」と書いて特に支障はないのです。」のように結論されていみたいです。

私が色々集めていた情報ですが、「セラミドは皮膚表皮の角質層の健康を守るためにとても重要な成分のため、加齢肌やつらいアトピーの肌にはセラミドの継続した補充は可能な限り欠かさず行いたいことであることは間違いありません。」だと考えられているそうです。

素人ですが、文献で集めていた情報ですが、「プラセンタ配合美容液と言えば、加齢による肌の不調の改善や高い美白効果などの特殊な効能を持つ印象が強い一段上の肌を目指す美容液ですが、赤く腫れて目立つニキビの炎症をしっかり鎮め、ニキビ痕対策にもかなりの効果が期待できるとメディアや雑誌で話題沸騰中です。」のように結論されていみたいです。

たとえばさっき「未体験の化粧品は、あなたの肌質とピッタリ来るのか心配になりますね。そういうケースでトライアルセットを試しに使うのは、肌質に最も合ったスキンケア用の化粧品を見つけ出す手段としては最も適しているのではないかと思います。」のようにいわれているらしいです。

素人ですが、書物で探した限りですが、「水分をカウントしない人間の身体の約50%はタンパク質により作られ、そのうちのおよそ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの主要な役割とは体内のあらゆる組織を形作るための原材料として利用されることです。」だと公表されているそうです。