読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ30からのボディケアが楽しくなくなったのか

暇人な主婦がかなりいい加減な毎日のこととか、美容&健康の事とかをなんなく書いてます。

本日も暇なので若々しい素肌になるケアの事を書いてみる。

私がサイトで集めていた情報ですが、「保湿によって肌の状況を健全なものにすることで、紫外線の吸収をできるだけ制御し、乾燥が元凶である肌のトラブルや、それに加えてニキビの痕跡が色素沈着となることを未然防止する役目も果たします。」と、結論されていと、思います。

むしろ私は「屋外で日焼けしてしまった後に最初にやるべきことがあります。それこそが、しっかり保湿することです。これが本当に大切なものなのです。加えていうと、日焼けしてすぐだけに限らず、保湿は毎日の習慣として実践する必要があるのです。」のように公表されているそうです。

本日文献で集めていた情報ですが、「体内のヒアルロン酸量は乳児の頃が最大で、30代になると一気に低減し始め、40代の頃には乳児の頃と比較してみると、5割ほどにまで減少してしまい、60歳代ではかなり失われてしまいます。」と、いう人が多いようです。

素人ですが、サイトで調べた限りでは、「できれば美容効果を得るにはヒアルロン酸を1日量で200mg以上常飲することが一番お勧めなのですが、ヒアルロン酸を含有する食品や食材はかなく少なくて、普通の食事を通じて体内に取り込むというのは大変なのです。」のようにいわれているとの事です。

私が書物で集めていた情報ですが、「歳をとったり戸外で紫外線に長時間さらされたりすると、全身のコラーゲンは固まってしまったり体内含有量が少なくなります。これらのことが、顔のたるみやシワを生み出すきっかけとなります。」のように提言されているみたいです。

本日サーチエンジンで集めていた情報ですが、「最近のスキンケアには欠かせない美容液は肌の奥にまでぐんぐん入り込んで、肌の内側より活き活きさせてくれる栄養剤的な存在です。美容液の一番の働きは、他の一般的な化粧品では不可能な肌の「真皮」にまで栄養素を送り込むことだと言えます。」のようにいう人が多いそうです。

素人ですが、サーチエンジンでみてみた情報では、「保湿の重要ポイントと考えられるのは角質層に適度に水分が保持されていることです。保湿効果のある成分が贅沢に含まれている化粧水で角質層の隅々まで水分を行き渡らせ、補充した水分量が失われないように、乳液とかクリームを利用してしっかりとふたをしておきましょう。」のように考えられているみたいです。

なんとなくサイトで探した限りですが、「コラーゲンという成分は、若々しさと健康を維持するためになければならない非常に重要な成分です。健康なからだを維持するために大変重要なコラーゲンは、体内の新陳代謝が悪くなると外部から補給してあげる必要があります。」と、解釈されているとの事です。

ともあれ今日は「効果的と言われる高機能成分セラミドは、ターンオーバーのプロセスの中で作り出される“細胞間脂質”のことで、水分を約3%程度取り込み、角質細胞をまるで接着剤のように固定させる役目を持っているのです。」と、いう人が多いみたいです。

素人ですが、ネットでみてみた情報では、「「美容液は高価なものだからそれほど多く使わない」とおっしゃる方もいますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチるのなら、初めから化粧品を買わない選択をした方がベターなのではないかとさえ思えてきます。」と、提言されているそうです。