読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ30からのボディケアが楽しくなくなったのか

暇人な主婦がかなりいい加減な毎日のこととか、美容&健康の事とかをなんなく書いてます。

本日も、うるおい素肌を作るケアについての考えを綴ってみます。

素人ですが、書物で探した限りですが、「ヒアルロン酸は赤ん坊の時に最も豊富で、30代を過ぎると一気に低減し始め、40代の頃には赤ちゃんの時と比較してみると、5割程度にまで落ち、60歳代ではかなり減ってしまいます。」だと公表されている模様です。

そのため、洗顔の後に化粧水を肌に塗布する際には、まず適切な量をこぼさないように手のひらに出し、温かみを与えるような感じをキープしつつ掌に伸ばし、顔全体を包み込むようにふんわりと溶け込むように馴染ませます。」のようにいわれているみたいです。

本日文献で集めていた情報ですが、「本来的には、ヒアルロン酸の潤い効果を得るためには1日量として200mg以上摂ることが必須条件となるのですが、ヒアルロン酸が含まれる食品は非常にわずかで、通常の食生活より摂るというのは困難だと思われます。」のように公表されているようです。

ちなみに私は「保湿を目指すスキンケアの一方で美白のお手入れも実行することにより、乾燥のせいで生じてしまう多種多様な肌のトラブルの悪循環を終わらせ、無駄なく美白ケアを敢行できるということです。」と、解釈されていると、思います。

私がサイトで集めていた情報ですが、「しょっちゅう「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「浴びるようにバシャバシャ使用したいもの」などというのを聞きますね。試してみると実感できることですが潤いをキープするための化粧水の量は少しの量より多めの量の方がいい結果が得られます。」のように考えられているみたいです。

ようするに私は「プラセンタを摂取することで代謝が上がったり、以前より肌の色つやが変わってきたり、寝起きの状態が好転したりと効き目を体感できましたが、有害な副作用はほとんどないように思えました。」と、いわれている模様です。

私がネットでみてみた情報では、「保水力のあるヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンから構成された網目状の骨組みを埋めるような状態で広範囲にわたり存在し、水を抱え込む働きによって、みずみずしく潤いに満ちた若々しいハリのある美肌へ導くのです。」な、解釈されているとの事です。

私が書物で探した限りですが、「主婦に人気の美容液とは、美容に効果的な成分の濃度をできるだけ高めて、高い割合で加えた抽出物で、必ずなくてはならないものとはならないと思いますが、使ってみると翌朝目覚めた時の肌の弾力感や保湿感の違いに驚かされることでしょう。」な、結論されていようです。

したがって今日は「水分を入れない人体の約50%はタンパク質によって構成され、そのうちのおよそ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンが担う主な役目とは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節などを作る部材になっていることです。」な、解釈されている模様です。

私が検索で集めていた情報ですが「お肌のタンパク質の約7割がコラーゲンによって形成され、細胞間にできる隙間を埋めるような形で繊維状になって存在しているのです。肌のハリや弾力を保ち、シワのない綺麗な肌を守る真皮層を構成する中心の成分です。」のように解釈されているそうです。