読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ30からのボディケアが楽しくなくなったのか

暇人な主婦がかなりいい加減な毎日のこととか、美容&健康の事とかをなんなく書いてます。

得した気分になる?若々しい素肌ケアを綴ってみました

なんとなくネットで探した限りですが、「肌の表面には、ケラチンと呼ばれる丈夫なタンパク質で形成された角質層という部分が存在します。この角質層部分の角質細胞と角質細胞の間をモルタルのように埋めているのが評判の「セラミド」という名の細胞間脂質の代表的な成分です。」な、結論されていとの事です。

このため私は、「、「無添加と言われる化粧水を選んでいるから安心できる」などと油断している方、その化粧水は真に無添加ですか?実態は、様々な添加物の1つを使っていないというだけでも「無添加」を訴求して特に支障はないのです。」と、結論されていそうです。

本日サイトで探した限りですが、「通常は市販されている化粧水などの化粧品や健康食品・サプリメントのプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から作られるものが主なものです。安全性の高さの面から見た場合、馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが現在のところ最も安心だといえます。」のようにいわれている模様です。

それはそうと私は「美白化粧品は乾燥しやすいものが多いと思われがちですが、最近は、保湿を意識した美白用スキンケアもあるので、乾燥が不安な人は1度くらいならチャレンジしてみる価値はありそうだと思うのです。」と、提言されていると、思います。

なんとなく文献で調べた限りでは、「重度に乾燥によりカサついた肌で悩まされている場合は、身体の組織にコラーゲンがきっちりと補給されていれば、身体が必要とする水分が保有できますから、ドライ肌へのケアにもなり得るのです。」のように提言されているみたいです。

私がサイトで集めていた情報ですが、「プラセンタの継続的な摂取を始めて基礎代謝がUPしたり、肌のコンディションがいい感じになったり、寝起きの気分が爽快になったりと確実な効果を体感できましたが、気になる副作用に関しては特には感じることはありませんでした。」と、考えられているらしいです。

本日書物で集めていた情報ですが、「体内のヒアルロン酸量は乳児の頃が生成量のピークで、30代を過ぎると急激に減少していき、40代を過ぎると赤ちゃん時代と比較してみると、50%以下にまでなり、60代ではかなり減ってしまいます。」のように解釈されているようです。

私が文献で探した限りですが、「皮膚の一番表面にある表皮には、ケラチンという硬いタンパク質からできた角質層といわれる膜で覆われている層が存在します。この角質層内の細胞間にできた隙間を埋めるように存在しているのが「セラミド」と名付けられている脂質の一つです。」と、提言されているらしいです。

素人ですが、色々調べた限りでは、「美容液を活用しなくても、瑞々しく潤った美肌を維持できるなら、それでOKと言えますが、「なにか物足りなくて不安」などと感じる場合は、今日からでも使用開始していいのではないでしょうか。」のように公表されているらしいです。

それはそうと私は「肌に本来備わっている防護機能によって潤いを保持しようと肌は努力しているのですが、その優れた作用は年齢の影響で衰えてしまうので、スキンケアの際の保湿で必要な分を補充してあげることが大切です。」と、解釈されている模様です。